よかった事と思ってくれた人がいた

285 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2008/03/25(火) 00:07:58 ID:WnFkpwum
中学の時にいじめられいる子がいた。(仮にA子ちゃんとします)
その子は元々派手めなグループに無理していたような子で、
ある日突然そのグループから無視され始めずっとシカトされていた。

当時中ニ病真っ盛りで正義厨だった自分は「いじめなんてよくない!」と
そういう考えだったので(勿論今でもいじめはよくないと思ってるが)、
A子ちゃんに積極的に話しかけ、一人でいる彼女を移動教室に移動する時
も誘っていたりした。

ある日体育館に移動する時に普段は滅多に自分から話かけてこないA子ちゃんが
私の顔を見ながら一言、
「○○(私)といると幸せになれるね。」
と言ってくれた。その時は特になんとも思わずありがとーと普通に返しておいた。

しかし中学を卒業してから私は自分の性格に悩まされる事になった。
本当に正しい事とはなんなのか、私は人に親切を押し付けているだけ
じゃないのか、人から感謝されたいから正しい事をしようとしているのでは
ないか、私は本当はすごく他人にとって迷惑な存在じゃないのか。他人から
疎まれてまで率先して正しい事をする必要はあるのか?同情で他人に優しくしているだけではないのか。
今考えるとこの悩みこそ中ニ病の塊wであるんだけど当時は真剣に悩んでいた。

誰に言うわけでもなくぐるぐるとそんな事ばかり考えて電車に乗っていたら、
たまたまA子に再会した。
わー久しぶりーと暫く談笑していたら、彼女は私の顔を見てにっこり笑って
「○○は変わらないね。やっぱり○○は人を幸せにしてくれるね。」
と言ってくれた。その言葉を聞いた瞬間、私のやっている事は間違っていなかった
、と物凄く救われた気持ちになり、A子と別れたあと駅のトイレで号泣した。

自分は正しい事をしているつもりでも、他人には迷惑だった事を私は沢山
してきたと思う。だけどそれをよかった事と思ってくれた人がいた。
それを知ることが出来て本当に嬉しかった。これからもおせっかいに
ならない程度に自分の正しいと思うことをしていこうと思う勇気を
A子は私にくれました。まあ今でもKYだから立派な喪女だけどww

長文&支離滅裂な文ですんません。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る