アダムとイブの国籍について激論が交わされた



44 名前:水先案名無い人[] 投稿日:2010/11/06(土) 20:41:19 ID:AxZi2uZQ0
ある文化人類学の国際会議でアダムとイブの国籍について激論が交わされた
まずイギリス人が「エデンの園はイギリス以外に考えられない」と言い張る。
曰く「イギリスは紳士の国だ。林檎が一つしかないとき何はさておきまずレディーにお譲りするとは
これぞジェントルマンシップ。アダムはイギリス人だったはずです」
フランスの学者も、一歩も退かぬ構えである。「いや2人はフランス人に違いない」と譲らない
「たかが林檎1個で男に体をまかせる女なんてフランス人しかいないはずだ」
と発言。ところがそのときまで黙って話に耳を傾けてきたソ連の学者が、やおら立ち上がると
自信たっぷりに言い切ったのだった。
「議論に決着をつけてさしあげましょう。アダムとイブはわが同胞であったに違いありません
ろくに着るものもなく裸同然の暮らしをしていながら食い物ときたら林檎1個ほどしかないのに
そこを楽園と信じ込まされていたなんて、ソビエト連邦の市民以外に考えられますか」
これには、各国の並み居る学者先生方も心から納得し、反論はなかったと伝えられている
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/170419234

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る